なごみの里の願いごと…

別館2階のロビーに七夕飾りがお目見えしました。毎年なごみの里に夏の到来を伝えてくれる、ノウゼンカズラやムクゲが咲き始めたとはいえ、まだまだ外は梅雨の真っ最中。それでも綺麗な飾りやみんなで願いごとをしたためた色とりどりの短冊が、フロアを明るくしてくれています。
7月7日は雨の日が多く、お~星さ~ま~キ~ラキラ♪とはいかない年が多いような・・・。7月7日が晴れる確率は統計によると約26%(東京)だそうです。七夕に降る雨を「催涙雨(さいるいう)」といい、織姫と彦星が流す涙だと言いますから、そんな雨ならロマンチックに感じることもできます。
なごみの里の「七夕」も、毎年利用者さんが楽しみにしている行事の一つで、各ユニットにも七夕飾りが7月早々に飾られる予定です。
七夕、そして夏祭りと楽しみな行事が盛り沢山の夏に向けて、水無月の終わりにしばし休息の雨音を楽しむ、なごみの里です。

なごみの里の願いごと

「みんなの願いごとが叶いますように・・・」

そして、

「みんなが健康で楽しく過ごせますように・・・」