天真爛漫!春爛漫!!

中庭の木々や花壇の花々が咲き誇り、花と緑と光に満ちあふれたなごみの里は、まさに春爛漫!施設内にも多くの方々にキレイお花を飾っていただき、それを見ている利用者さんの天真爛漫な可愛らしい笑顔が多く見られます。
5月下旬、真夏日が続いた日本列島。こう暑い日が続くと雨でも降って少し気温が下がることを望んでしまいますが、私たちよりも梅雨まで出番待ちの紫陽花が「あれっ!まだ咲いてないのに?」とばかりに準備を急いでいるようです。
2016年から8月11日を「山の日」とする改正祝日法が成立し、祝日がないのは6月だけになります。次は6月に祝日を!という声が上がりそうですが、「海の日」「山の日」と来たら「雨の日」「川の日」でしょうか?「水」に感謝する気持ちを忘れない事とともに、雨や水の災害が多い季節を前に、地域や家族で防災の意識を高める日となればいいですね。
私たちも、水害に限らず様々な災害に対する意識を高めるために、そして天真爛漫な可愛らしい笑顔を守るためにも「防災について話し合う日」を増やしていこうと思う、なごみの里 水無月です。