リハビリテーション

医療・福祉の在り方が変化しリハビリの需要が拡大するなか、作業療法の重要性が大きくなってきています。
当施設でも作業療法士のもと平行棒やニューステップを利用して、ゆっくりと時間をかけて機能訓練を行うとともに、手工芸や遊び、会話や食事など様々な「作業」通して飽きずに楽しみながら、日常生活に密接したリハビリテーションを行っています。
「私ね、歩く練習始めたのよ。今度はいつだったかしらねー。」と笑顔でお話されている利用者の方の表情は、とても楽しそうでした。
新しいことへの挑戦を通して日々の生活が楽しくなったりと、身体能力以外の部分でもメリットが大きいことが作業療法の魅力です。